CrossExchangeのRebornの内容を詳しく説明します。
NE@読者さん募集中!
”仮想通信-極”では仮想通貨の最新情報、超有益情報を日々配信しています! たまーに突然仮想通貨のプレゼント企画もあるかも!? 良かったら登録してくださいね^^

※4/21にRebornの内容について変更がありました。変更があった部分は青文字で記載しておきますので参考にしてください

4/15の20時、CrossExchangeのRebornの全貌が明らかになりました。

詳細はこちら

https://reborn.cross.technology/ja/

まだ私も完全に理解してるわけではないのですが、今私が理解しているところを書きます。

またウェビナーなどを通してわかったところは随時更新していきたいと思いますのでよかったらたまにチェックしてください。

ちなみにこの変更、現時点では確定ではないです。

これから投票をして、その結果どうなるかが変わりますのでその点は予めご了承ください。

投票の締切は4/25 17:59、XEX、KOIN、XCR、XCRSの所有者が対象、それぞれ1枚につき1票として換算されるそうです。

投票はこちらのページから行えます

 

Rebornその1 取引所が新しくなります。

まずはこれ、取引所が新しくなります。

CrossExchangeKoindexが統合されてULTOREXという取引所ができます。

 

ULTOREXはこれまでのクロスみたいな中央集権型の取引所と、Uniswapのようなウォレットを接続して使う分散型の取引所を併せ持つ形になるようです(予定では6月下旬から)。

ULTOREXでは最近流行りのDe-Fiが利用できたり、ステーキングが可能になるようですね。

NFTのマーケットプレイス、OpenSkyBlueや支払いシステムのeggpayなど色んなサービスも付随してくるようですが、これについてはすぐできるのか、それとも後日になるのか等については現時点では不明です。

今後色々できるようになるよ~って話みたいですが、とりあえず詳細はまた後日時間があるときにでも^^

 

XEX、KOIN、XCRのバイバックについて

多分一番気になるのが、XEX、KOIN、XCRのバイバックについてだと思います。

私が理解してる情報を書きますので間違ってたらご指摘お願いします。

はじめにお伝えしておくと、今回のバイバック終了後、XEX、KOINはなくなります

なのでどちらかを選ぶ必要があるということは覚えておいてくださいね。

 

XEXのバイバックプラン

XCRにスワップ、もしくはUSDTに変更可能。

USDTに変更する場合は1XEX=0.003USD

XCRにスワップする場合は1XCR=0.11USDで計算。

XCRにスワップする場合のXEXの価格は4/15の日本時間で18時の価格で決定ということです(1XEX=0.001998)←XEXからXCRにスワップする場合のみ1XEX=0.005にアップしました

またXEXをXCRにスワップする場合はXCRが5%ボーナスでもらえるのと収益分配用のRightstokenがもらえます(Rightstokenは売買不可)。

バイバックの申込みは5/4~5/18までの予定です。

ちなみに過去に自分でバーンを行ったXEXについてはXCRのスワップの対象になります(USDTに変更はできません)

もともと永久ロックのXEXについては今回の買取、スワップの対象にはなりません←永久ロックのXEXはRights tokenへの交換に変更になりました。

 

 

KOINのバイバックプラン

XCRにスワップ、もしくはUSDT、トレードボーナスへのスワップに変更可能。

XCRにスワップする場合は1XCR=0.11USDで計算。

KOINの価格は4/15の日本時間で18時の価格で決定ということです(おそらく0.04619USD)。

またKOINをXCRにスワップする場合はXCRが2%ボーナスでもらえるのと収益分配用のRightstokenがもらえます。

バイバックの申込みは5/4~5/18までの予定です。

USDTにする場合はちょっと計算が複雑です。

運営資金から2,182,500USDTが買取資金として捻出されますので、それを買取希望者全員で割るという方法が取られます。

ユーザーがマイニングしたKOINの総数が365,631,125.56 KOIN、そのうち運営が買い取った91,950,551.777724KOINは市場に出てないので小数点以下を切り下げて

現時点では最大273,680,574KOINが市場にあることになります(実際は初めの方に価格維持のために運営が買い上げてると思うのでその分もう少し減ると思いますが)

これ全部がUSDTに変更希望だとすると

2,182,500÷273,680,574=0.007974 1KOINあたり約0.008$で買取になります。

全員がUSDTに変更するわけではなく、XCRにする人も結構出てくると思いますので、これよりはもちろん買取価格は上がると思われます。

どうするのがベストなのか、ちょっと難しいところですね。

ちなみに全部をまとめて変更するのではなく、半分はXCRに、半分はUSDTに変更というのも可能です。

また、将来的にオープンするFX取引での証拠金用のポイントに変更することも可能です。

これについては詳細が5/4までに出るそうです(ただし法律への対応の進行状況により無くなるかも)。

 

XCRのバイバックプラン

XCRはバイバックがあるのはIEOで購入した分のみです。

XCRはIEO開催時には1XCR=◯XEXというようにXEXで換算されました。

なので今回の買取は一度XCRをXEXに戻してXEXで返金、0.003USDTのバイバック対象になります。

1回目のIEO 1XCR=0.93XEX 0.003×0.93=0.00279USD
2回目のIEO 1XCR=1.01XEX 0.003×1.01=0.00303USD

3回目、4回目はもう少し高くなったのだと思いますが、大体これくらいになると思ってください。

XCRの買取オファー追加

XCRを相対で売却できるプランが追加になりました。

これは以前からXCRを購入したいという海外勢からのオファーに応える形で行われるそうです。

価格は1XCR = 0.02 USD +(年利10%x年数​​)

この条件で売却しても構わないという方は

https://cross.technology/news20210421.html

このページの下部、XCRの買取オファーについてのところにあるリンクからお申し込みください。

相対取引で購入されたXCR(つまり海外勢が購入したXCR)は1年間ロックアップ、そこから12ヶ月に渡って段階的にロック解除されるそうです。

 

総評

まだ詳しいところはわかってないので今のところわかってる情報をまとめました。

XCRの上場について気になってる方も多いと思うのですが、今年の前半に上場予定ということと、ULTOREXが6月下旬にリリース予定ということを考えると、ULTOREXにてXCR初上場となるのではないかな?と思っています。

UKTOREXができることによって、CrossExchangeとKoindexはなくなってしまいます。

資金を移動する必要があるかどうかなど、まだ詳細は不明ですが、ウォレットとして使用している方はご注意ください。

文字通りRebornをするCrossのプロジェクト、今度こそうまくいってくれることを切に願います。