仮想通貨をこれからはじめる方、はじめはなにから手を付ければいいか途方にくれると思います(私もそうでした)

一番初めにやらなければいけないのは

”仮想通貨を扱う取引所のアカウント作成”です。

取引所のアカウントがなければ当然仮想通貨は購入できませんのでこれが仮想通貨のはじめの一歩です。

 

私ははじめに取引所のアカウントは複数開設したのですが、結果的には良かったなと感じています。

例えばビットコインのハードフォークが行われて、ビットコインダイヤモンドが付与されるというときに

A社ではビットコインダイヤモンドは付与されない

B社ではビットコインダイヤモンドが付与される

という現象も起こります。

そのときに1つのアカウントしか持ってないと、資金の移動ができない、口座の開設にもちょっと時間がかかる。

そして結局ビットコインダイヤモンドがもらえない…というのは普通にありえることなので、なにかトラブルや新情報が発生したときにすぐに資金移動ができるように口座は複数開設しておいたほうがいいですよ^^

では国内の取引所、国外の取引所に分けて私が実際に使ってみた感想も含めランキング形式で紹介していきたいと思います

 

国内の仮想通貨取引所ランキング

1位 bitflyer

CMでも最近良く見かけるbitflyer、取引高もぐんぐん伸びてるみたいですね~。

2017年1月に出来たばかりのbitflyer、一番のメリットは母体の会社が大きいということですね。

会社が小さいといきなりなくなって引き落としもできなくなる…なんて心配もあったりするのですが、bitflyerは三井住友銀行や

三菱東京 UFJ 銀行が出資元なので安心です。

取扱通貨はイーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナーコインの6種類です。

セキュリティについてはいち早くマルチシグ、コールドウォレットに保存を採用しているbitFlyer、アカウント開設もZaifより早くできますので、国内の取引所の開設に迷っている方はセキュリティの面からもアカウント開設のスピードの面からもとりあえず作っておきましょう。

 

 

 

 

2位 Zaif

Zaifはビットコインの取引手数料が-0.01%と、なんと取引するだけで資産が増えてしまう謎キャンペーンやってます(笑)

0.01%なので100万の取引で100円と、額としては大きくないですが、取引だけでお金がもらえるというのは大きなメリットですね。

あとは日本初の仮想通貨、モナーコインを扱っているのもZaifの特徴。

最近はモナー時々爆上げしたりしてますね。安いときに購入して瀑上げを待つ…なんてのも面白いですね。

Zaifの一番のデメリットは時々サーバーがダウンすること。国内の取引所でサーバーが一番強いのはビットコインですね。

他の取引所はちょくちょくサーバー落ちしています。

あと本人確認の完了まで現在かなり時間がかかっているのもデメリットです。通常1~1.5ヶ月かかりますので早めに作っておいたほうがいいですね。

 

 

 

ランク外 コインチェック

ここは私の中では不動の1位・・・だったのですが、1/26のNEMハッキング事件でランキング外に格下げです。

ビットコインの取引についてはほとんどここを使用していました。スマホのアプリからもPCからも非常に使いやすい印象ですね。

ビットコインの取引手数料は今のところ0円です。

スマホのアプリも取っておけば、アプリをクリックするだけで自分の資金情報はすぐに確認することができます。

資金の振込方法も銀行口座からだけでなく、クレジットカードから、コンビニからと複数用意されてるのもいいですね。

アルトコインもイーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ファクトム、モネロ、オーガー、リップル、Zcash、ネム、ライトコイン、ダッシュ、ビットコインキャッシュの12種類で豊富です。

今はアプリは使いやすいので今も使っていますが、金額の確認に使用するだけで、実際の取引は別の取引所で行っています。

しかし、国内の取引所はどこもそうですがアルトコインの取引は手数料が高いです。アルトコインの取引は国外の取引所の方がオススメです

 

 

 

 

海外の仮想通貨取引所ランキング

次に海外の仮想通貨取引所ランキングを紹介します。

海外の仮想通貨取引所を扱う一番のメリットはアルトコインの取引手数料が安いことです。日本の代表的な取引所だと、手数料が5%以上かかることも珍しくありません。しかし、海外の取引所はアルトコインの取引手数料も0.25~0.1%ととても安いんです。ですのでアルトコインの取引をメインにしているのであれば海外の取引所を使うことは必須になりますね。

あとはアルトコインの数がかなり多いし、

デメリットとしては基本的に日本円ではなく、ビットコインを介した取引になるので、いま日本円でいうといくらなのかがわかりにくいことです。また日本語に対応してない取引所は英語だらけなのではじめはキツイと思います。

でも海外の取引所はこのデメリットをものともしないだけのメリットがありますので、取引に慣れてきたら使っていきましょうね。

ランキング形式にしていますが、ここに書いてある取引所は全部登録しておいていいと思います。

あとに回すと面倒くさくなっちゃいますので免許証の画像などあるうちに一気に本人確認まで済ませましょうね。

1位 binance

先日まで3位くらいだったのですが、ここに来て急上昇してきたのがbinanceです。

理由は凄く簡単で”ビットコインダイヤモンド、ビットコインゴールド”を真っ先に付与してくれたから。

ビットコインダイヤモンドについてはものの数時間で付与されてましたね。

このフットワークの軽さはいい、今後ビットコインのハードフォーク時は全部binanceに移動します。口座の開設がすぐに完了するのもいいですね。数十秒で開設できます。

取引手数料も0.1%、さらにbinance(BNB)という通貨を持っていれば0.05%まで取引手数料を下げることができます。

取扱通貨もビットコイン、イーサリアム、ネオ、バイナンス、ライトコイン、クォンタム、イーオス、ステータス、バンカー、ガス、ティザー、Hシェア、ヘルスケアチェーン、ビットコインキャッシュ、バイト、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンド等多数。

これから要注目の取引所です。

アプリの使いやすさも秀逸、Binanceを使いはじめてからスマホだけで取引することも多くなりました。

 

2位 Bibox

急浮上のBibox、Binance使い慣れてる人は確実にここも使いやすいです

周りでも同様に騒がれてますが、ワタシ的にも第2のBinanceになるだろうと思っています。

個人的には特にBibox内の通貨、BIX(Bibox Token)に注目してます。

KucoinのKCS、BinanceのBNBともにユーザーの増加とともに価格が急上昇しています。BiboxのBIXも同じようになるのではと思っています。

まだユーザーの少ない今のうちに購入しておきます。

また他の取引所では取り扱っていない通貨も多いです。安い内に幾つか購入しておいて、他の取引所に上場するのまでじっとガチホというのも楽しいですね。夢が膨らみます。

 

 

3位 Bittrex

Bittrexも日本で使用している人が多い海外の仮想取引所ですね。

取扱通貨の種類は約200とかなり多め、草コインと言われるようなコインも取り扱っていますね。

海外の取引所は手数料の安さが大きな魅力。国内の取引所だと売買すればトータルで10%くらい手数料がかかるのもザラですが、Bittrexは0.25%です。

(現在新規アカウント登録再開したそうです)

 

4位 poloniex

poloniexは世界最大数のアルトコインの取扱数です。

その数なんと60以上!どれを購入するか迷いますね(笑

カンで購入してみるも…あまりよくないですが、私は結構遊びで少しづつ通貨もってたりします。

ただ、ここは時々サーバーが停止してしまうという凄く不安なデメリットがあります。

資金が引き出せなくなったら…とか思うとちょっとつかいにくいですね

 

 

…と、個人的に仮想通貨取引所を国内、国外それぞれランキング形式でお伝えしました。

私は上記のアカウントは全部開設しています。使わない取引所も出てくるとは思いますが、まずは開設してみてどんな感じなのかみてみるといいですし、今回のビットコインダイヤモンドの分裂のときみたいに取引所によっては取扱がないとなると、緊急に資金を移動したくなりますよね。

そんなときにも複数の取引所を解説しておくと安心ですよ。