6/29 更新 日本からの撤退を先日発表したHoubiですが…本日日本仮想通貨事業者協会に入ったみたいですね。ちょっとどういうことなのかはっきりとはわからないですが、現在は金融庁に認可されてないから一旦外れて日本仮想通貨事業者協会に入ることで中から攻略し、正式なルートで日本の仮想通貨業界への参加を認めさせようということでしょうか?だとしたら真面目で素晴らしい企業ですね。

引き続きこの件は見守っていきたいと思います。

Binanceと並んで世界を代表する取引所の一つになってきたHuobiですが、先程こんなメールが来てました。

To our Japanese Clients

In consideration of the regulation of the Japanese Government, Huobi Pro will be suspending virtual currency exchange services defined by the Payment services Act, to the residents of Japan. We will also remove our Japanese page from our website on July 2nd. We will contact our clients residing in Japan as soon as the schedules are determined. We deeply apologize for the inconvenience it may cause to our clients.

日本のお客様へ

平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
本メールは日本国に居住するお客様への大切なお知らせです。

この度Huobi Proは、日本国の法律に基づき、日本国の居住者向けに提供する仮想通貨交換サービスを停止する方針です。Huobi Proはホームページより日本語ページを削除する(7月2日)とともに、日本に居住するお客様向けのサービスを停止いたします。サービス停止につきましては、詳細が決まり次第、お客様へご連絡させて頂きます。日本に居住のお客様におかれましては、多大なご迷惑をおかけすることとなりますこと、心よりお詫び申し上げます。

ん~、HitBTCに続き、Huobiまでもが金融庁の毒牙にかかってしまったようです。

スパムメールかな?と思ってたのですが…Twitterでも騒ぎになってるところを見ると

 

 

残念ながらガセネタではなさそうですね…

日本が海外への資産の流出を防ごうと躍起になってるのもわかるのですが…他国のサービスを利用させないようにして防ぐ…というのはちょっと保守的過ぎますよね。

もう少し規制を緩めて、BinanceやHuobiよりもいい取引所を作ってしまえば国内の資産の海外流出を防ぐことができるし、逆に海外の資産を日本に流し込むこともできると思うのですが・・・なぜコチラの方に向けて動かないのでしょう?

まだ日本が仮想通貨を現金として認めてないというのも大きな原因の一つなんでしょうね。

自体が好転するまで何年かかるのか…このままでは国内の仮想通貨市場はますます冷え込んでいくことが予想されます。

頭のお固い日本政府の脳みそをモミモミもみほぐしてあげたいです。

国内の仮想通貨業界の躍進を心より望みます…

 

しかし、今回の発表、実際はどこまでの話なのかわからないです。

HitBTCのときは具体的に出金以外の全取引が停止されますと発表されました。

しかし今回のHuobiはそこまで言及してないので、Binanceと同様、日本は取引対象ではないですよ~(取引したい方はご勝手にどうぞ)という意味なのかもしれない…というかそうであってほしいなと思います。

 

続報入りましたらここに追記しますし、メルマガでも追っかけていきたいと思います。

気になる方は登録しておいてください。

 

 

とりあえず取引停止は7月2日となっています。

それまでにHoubiの資金を別の取引所やウォレットに撤退させておきましょう。

Houbiでしか扱ってない通貨については、今回の件が原因で一旦大きく下げることが予想されます。

HitBTCのときも同じような現象が起きました。

皆さん気をつけましょう。

お得な情報をリアルタイムで更新中
クリックして今すぐ登録!
爆誕!石油系ICO