登録だけで1000円分のエアドロップが受け取れる!



最近話題になっている配当系の取引所独自トークンを扱っているCoinEX、CoinPark、FCoin。

私も運用しているのですが、ここでよく聞くのがGenesis Mining(ジェネシスマイニング)という言葉。

私もマイニングと聞くとこれまでは単純に

 

こんな感じのものを思い浮かべてたのですが、ここではどうも意味が違いそうです…

ではCoinEX、CoinPark、FCoinなどで使われているGenesis Mining(ジェネシスマイニング)とはなんなのか、調べてみました。

 

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)の意味は?

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)というマイニング事業を行っている会社がありますが、この会社のことではありません。

genesisを辞書で調べてみると…”はじめの、創世の”という意味があります。

miningは仮想通貨をしている人にはおなじみの言葉だと思いますが、”採掘”という意味、仮想通貨を掘り起こして自分のものにするという意味です。

つなげると”はじめの採掘”、つまり各取引所の独自トークンを上場前、もしくは上場直後にもらうことができるというのがGenesis Mining(ジェネシスマイニング)ということになります。

ではどうやってGenesis Mining(ジェネシスマイニング)をするのでしょうか?

 

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)をするメリット、デメリット

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)をするにはメリット、デメリットがあります。

メリットは無料でトークンを手に入れることができるということ。

特に上場前にもらえるトークンは上場後よりも遥かに安いことがおおいです。

例えばFCoinのFTなら、一番安いときの50倍くらいまで上がりましたし、CoinEXも10倍以上の値上がりを見せています。

なので、マイニング報酬目当てにBotなどを使ってどんどん交換している人もいます。

一番のデメリットはめんどくさいということ。手数料の何割かがトークンとして戻ってくるということは、それだけの取引手数料を支払うだけの取引が必要になります。Botなどを使えばいけると思いますが、手作業でやるのは中々きついと思います。

 

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)の方法

ではそのGenesis Mining(ジェネシスマイニング)をどのようにするのかですが…

FCoin、CoinEX、CoinParkの取引所はどれも”仮想通貨の取引をする”ということです。

仮想通貨の取引…例えばビットコインをイーサリアムに交換するとか、USDTをビットコインにするとか…その作業をすると、取引所に手数料が入ります。

この手数料の数割が取引所のトークン(FCoinならFT、CoinEXならCET、CoinParkならCP)に換算して、ユーザーに返却されます。

この

取引をする→手数料発生→その一部(全部)が取引所系トークンとして返却される

がFCoin、CoinEX、CoinParkのGenesis Mining(ジェネシスマイニング)です。

 

基本は一緒なのですが、細かい部分で違いがあったりします。

例えば、CoinEXはCETを使った取引はマイニングに該当しません。

つまり、取引手数料をCETを使ってしはらい、手数料を50%免除にしていると、返却されなくなります。

ですので、マイニングが続いている間は、取引画面内の

この部分はチェックを外しておくのが正解です。

 

それぞれのルールに則ってGenesis Mining(ジェネシスマイニング)をしっかり活用しましょう。

イーサリアムの自動売買ソフトプレゼント!

クリックして今すぐ登録!

登録したら”JOB”と一言メッセージ下さい