Safepalのエアドロがもらえる!WHOのやり方を解説します 
NE@読者さん募集中!
”仮想通信-極”では仮想通貨の最新情報、超有益情報を日々配信しています! たまーに突然仮想通貨のプレゼント企画もあるかも!? 良かったら登録してくださいね^^

※SafepalのWHOですが、日本時間で3/20の17時に終了だそうです。早めにしておきましょうね^^

現在Safepalがエアドロップキャンペーン、Wallet Holder Offering(WHO)をしています。

Safepalのハードウェアウォレットを持ってる人限定のキャンペーンかと思ってましたが、スマホにSafepalのアプリをダウンロードして、所定の作業をこなしていけば

SFPトークンとTKOトークンがもらえるというイベントでした。

前回のSFPのエアドロップイベントでは一人あたり3000$分のエアドロップがもらえたという噂…

今回はインド在住の方がちょっと有利なイベントになってますので、さすがにそこまでもらえないと思いますが、

私もやってみましたので、その方法を順に説明していきたいと思います。

 

手順1 Safepalのアプリをスマホにダウンロード

まずはこちらのQRコードからSafepalのアプリをダウンロードしてください。

スマホから見ている方はアプリのダウンロードストアから

”Safepal”と検索していただくとSafepal Walletと書いてあるのが出てくると思いますのでそちらをダウンロードしてくださいね。

 

手順2 Safepalの初期設定

次はSafepalの初期設定です。

今回はSoftware Walletの方で説明していきます。

上の画像からSoftware Walletを選択

ウォレット名は好きなもので構いません。

その下の”Number of mnemonic phrase”は8,12,16と選択することができます。

これは英単語が複数個並べられたもので、パスワード等忘れたときのためにメモをしておくためのものです。

この画面の次に行くと出てきますので必ずメモしておいてください。

ウォレット名を決めて次に進むと

このような画面が出ますので、全部チェックを入れてすぐにバックアップを押します。

ニーモニックフレーズが出ますので全部メモを取って次に行くと同じものを入力するように出てきますので入力してください。

これでウォレットの作成、Safepalの初期設定作業が完了です。

 

手順3 キャンペーンページに行って所定の作業を始める

次はWHOのキャンペーンページに行って各作業を確認、作業開始です。

画像の上の赤枠の部分がWHOのキャンペーンページですのでそこをタップ

このように作業が並んでいます。

各作業ごとに0.2~1.5Shareづつもらえます。

ちなみにもらえるエアドロップの量ですが、おそらく2,000,000TKOと100,000$分のSFPをShareの量に応じて比例配分するような形になると思います。

2,000,000TKOの価値がどれくらいになるかはわかりませんし、参加人数がどれくらいになるかわからないのでもらえる量が予想つかないですが、もしかすると前回みたいに大きな額になる可能性もあります。

なのでできるだけ沢山の作業をこなしていきましょう。

 

その1 Twitterのフォロー&リツイート(0.2share)

まずはTwitterのフォローとリツイートの作業。

こちらはTwitter開始後180日経過+フォロワー10人以上のアカウントじゃないと対象にならないそうなので、条件を満たすアカウントをもってない方はスルーしてください。

上の画像のTwitterの項目のところのJoinを押してください。

その後@iSafePal@Tokocryptoの2つのアカウントをフォロー。

https://twitter.com/Tokocrypto/status/1372467571203567619

こちらのツイートを引用リツイート、引用リツイート時に下の画面の赤枠部分をコピーしてツイートに入れてください(英数字は人によって違います)。

最後に引用リツイートしたツイートのURLを抜き出して上の画像の下部にある欄に入力

上の画像の下部にあるComplete Taskをクリックしてください。

これでツイートは完了です。

その2 テレグラム(0.2share)

次はテレグラムです。

こちらの画像のTelegramの部分のJoinをクリック、

上の画像でいうと”NYQM2Y0A9bUs”と書いてある部分を先にコピーして”@SFPSam_bot”のところをクリックしてください。

上のような画面になると思いますので、ここで上の”NYQM2Y0A9bUs”をペースト(コードは人によって違います)送信してください。

あとは上の画像のStep2にあるように

@TokocryptoOfficial
@SafePalwallet
@SafePal_official

この3つのテレグラムグループに参加、最後にSafePalのWHOの画面の”Complete Task”をクリックすれば作業完了です。

 

その2 リファラルコード(10%share)

次はリファラルコードの作成、これは必須ではないですが、紹介した人はそのコードを入力してもらった人の10%分のshareがもらえます。

WHOトップ画面の10%SHAREというところをタップ

このような画面が出てきますので、I’m invitedのところにはよかったら私の紹介コード、NYQM2Yを入力お願いします

次にInvite Friendsをタップすると

この画面が出てきますので、こちらを紹介にお使いください。

 

その3 SFPを購入して7日間保管(1~1.5share)

次は一番沢山エアドロップをもらうための作業、SFPの購入です。

いろんなパターンがありますが、ここでは1.5shareもらえるBIDR(インドの通貨、ルピーと連動したステーブルコイン)を使ってSFPを購入する方法を紹介します。

まずSFPのアプリにBIDRと少量のBNB(BEP2を数百円分でOK)を送ります。

このとき送るBIDRの量ですが、100SFP+1BNB分の価格+余裕分を送ってください。

私は600$分くらい送りました。

BIDRはBinanceで購入できるので購入してから送ったほうが効率がいいです。

次にSFPのアプリ内でBIRDを使ってSFPを購入、購入後にWHOのSFPの画面の下の方にある青いボタンを押してください。

それから7日間保管します。

SFPはBIRDでなくても購入できるのですが、BIRD→SDPとスワップすることによって0.5share分多く貰えます。

※注意点 ガス代として送るのはBEP2のBNBです

 

その4 1BNB(BEP20)を購入して7日間保管(1~1.5share)

その3と同じようにBIRDを使用して1BNB(BEP20)を購入、

※注意点 購入するはBEP20のBNBです

購入後にWHOのBNBの画面の下の方にある青いボタンを押してください。

それから7日間保管します。

この7日の基準が不明なので少し時間に余裕を持って持っておくほうがいいと思います。

最後にもう一つ、TokoCryptoというタスクがありますが、これはインド在住の方限定なので参加不要です。

 

以上でWHOのタスク、全て完了です。

この画像のように3.6Sharesと出ていれば、すべてのタスクが完了しているということだと思います。

ここが多いほど沢山エアドロップがもらえる仕組みになっていますので頑張りましょう!