登録だけで1000円分のエアドロップが受け取れる!



仮想通貨テザー(USDT)、元々は常にUSドルとほぼ同じ価格で提供される通貨として有名で、何かあったらUSDTに退避というのが常識だったのですが…

なにやら不穏な動きが出てきました…

 

いったいテザー(USDT)になにが起こっているのでしょうか?

 

テザー(USDT)に米商品先物取引委員会から召喚命令

仮想通貨取引所大手ビットフィネックスと仮想通貨USDTを発行するテザー社が昨年12月9日、米商品先物取引委員会(CFTC)から召喚命令を受けていたことが分かった。CFTCが二社に対して召喚命令を出した理由は明らかになっていないが、仮想通貨テザーとその米ドル預託金をめぐる疑惑がますます高まりそうだ。ブルームバーグが日本時間で31日未明に匿名を希望する消息筋の話として伝えた。

これはCOINTELEGRAPHからの引用なのですが、米商品先物取引委員会からテザーが召喚命令を受けていたんですね。

実は更に監査法人であるフリードマンLLPとテザーが契約を打ち切ったというのもUSDTの不安に拍車をかけてるみたいです。

 

仮想通貨の取引所であるビットフィネックスとUSDTが裏で同盟を組んでいて、USDTを無限に発行し、発行したUSDTを使ってビットコインなどの価格操作をしているのではないかと以前から疑われていました。

そこで疑惑の解消のためにフリードマンLLPが監査に入っていたのですが…仮想通貨の複雑さからフリードマンLLPが監査を中止してしまったとのこと。

結局さらに疑いが深くなってしまい、価格操作がホントに行われていたのか…?などの不安からビットコインが売られてしまっているようです。

コインチェックのハッキング事件もそうですが、仮想通貨関係はニュースが多いですね。

もしこのテザーの事件がホントならコインチェックのこととは比較にならないくらい大問題です中央集権を持たないはずのビットコインが一部の中央集権によって価格操作されていたということになるんですからね。

そうなると信用を失ったビットコインが暴落するというのも充分考えられますし、その疑いだけで現在かなり下がってきています。

 

しかし、こんな意見が多いのも事実

 

こういう楽観論がでてきてるのも事実です。

シロかクロかはまだはっきりとわかっていませんので安心はできませんが、個人的には下がったらそこはまた買い時なのかな?と思っています。

楽観視しろとは言いませんが、ここでパニックにならずに冷静に対処することが必要ですね。

アービトラージツール、無料プレゼント!

登録したら”JOB”と一言メッセージ下さい

クリックして今すぐ登録!