おぉ、ついにきました!

今年始めのハッキングの事件以来新規登録を停止していたCoincheck(コインチェック)が、ついに新規登録を再開しました。

新規登録のボタンも出ましたね^^

停止したのが今年の1月だったので、約9ヶ月ぶりの再開、それと同時にずっと停止されていた一部の仮想通貨の入金も再開になりました。

まだ完全復活とはいかないですが、ほぼ以前と同様に使えるようになりました。

入金再開対象となる仮想通貨は

BTC(ビットコイン)

ETC(イーサリアムクラシック)

LTC(ライトコイン)

BCH(ビットコインキャッシュ)です。

 

Coincheck(コインチェック)で何がまだ再開されてないのか?

逆にまだ再開されてないものを過剰書きしておくと…

・ETH(イーサリアム)、XEM(ネム)、LSK(リスク)、XRP(リップル)、FCT(ファクトム)の入金、購入

・レバレッジ取引(売却は可能)

・コンビニ、クイック入金

・Coincheckペイメント

・Coincheckでんき

・アフィリエイト

です。

これらもセキュリティ面などの環境が整い次第再開するということですね。

Coincheck(コインチェック)は個人的には仮想通貨を始めたときに一番始めにアカウントを作った取引所、サーバーも安定していてすごくつかいやすかったのでとても嬉しいです^^

ビットコインの下げトレンドの原因の一つになった

 

マネックスの株価急騰

Coincheck(コインチェック)の再開を受けて、マネックス証券の株価も急騰

ストップ高をつけました。

マネックス証券もいい買い物をしましたね^^

 

Coincheck(コインチェック)の再開でビットコインの価格は再浮上するのか?

下げトレンドの原因、Coincheck(コインチェック)の再開によってビットコインの価格は再度浮上していくのでしょうか?

私はこれが原因で上がるとはあまり思いません。

あくまでCoincheck(コインチェック)のハッキング事件は下げトレンドの要因の一つ。

これが原因の全てではなかったからです。

しかし、Bakktのでのビットコイン先物取引が12月から開始されることなど、最近は仮想通貨に対してポジティブなニュースも多いです。

ですのでそろそろビットコインの価格は年末にかけて再度浮上しそうになっているとは思います。

あともう一つ気になるのが金融庁。

先日、マネックスの決算説明会で、CEOである松本大氏はコインチェックの新規登録再開について

”金融庁から認可が出たら再開する”と言っていました。

新規登録が再開したということは、金融庁からの認可が降りたのではないかと思います。

金融庁が仮想通貨/暗号通貨について前向きに動き出したのであれば、Bitflyerなども新規登録再開の動きがあるかもしれません。

こういう動きで日本自体が仮想通貨に対してポジティブな見方をするので有れば、下落トレンドにストップがかかる可能性も高いです。

 

個人的には短期的に一度下げると思っているので、極端な資金投入は避けますが、そろそろ…という感じはしますね^^

仮想通貨のこれからに期待しましょう!

2か月で資産を103倍にした件

クリックして今すぐ登録!

登録したら”JOB”と一言メッセージ下さい