一度一気に50倍という値をつけてからずっと下がりっぱなしのFcoinのトークン、FTですが、ここに来て価格操作をされてるのではないかという疑惑が出てきています。

コチラが疑惑の記事です。

翻訳ソフトにかけると

  1. 今週始め、FCOIN取引所、HuobIの旧CTOによって支持されるシンガポール・ベースの交換、チャン剣の後で、イーサリアム・ネットワークは、停止に妨げられたと、「GPM Tokens」のその新しいシリーズのためのその投票方法は切り出しました「。」、Manyは、Cryptokittiesが昨年以前にしたちょうどその時、その幼少の交換がネットワークにそのような思い切った影響を及ぼすことができたことに驚くようで、1日量の70億usdに迎えられる交換にさえ、さらに驚きました。
    しかし、ボリュームと投票プロセスは、交換の利点に、かなり操作されました。それに関してはFcoinとUSDTのペア(この後、FT)またはどんなFT一組でも交換しているfcoin usdtで2、3分を過ごしてください、そして、されることをbottingする激烈なレベルを見ることは明白です。
    「業務」の60億usd以上が単独でFTの上で24時間の間に完了することができるように、5、7、10、15、20の命令は画面の向こうへ飛びます。

    さらに、できるだけ多くのFTを維持する能力を確実にするために、FTの価格は、ロボットで絶えず操られます。
    その時価で、危険を相殺するのに十分な毎日の報酬を得るのに十分なFTを得ることは、不可能です。
    さもなければあまりに多くの新規参入者が現れて、ロボットから供給をして、これは意図的です。
    保有者をあわてさせるために、時々これを価格への下への圧力と結合してください、そして、ロボットはすべてを支配することができます。

    今は、私はこれらの問題について何人かのfcoinスタッフとボランティアに接触しようとしました、そして、彼らは私の告発を拒む試みをしません。
    何人かは、交換が価格操作問題とbottingすることの後にあるために、bottingしている問題と可能性さえ認めました。
    今のところ、私は源を明らかにしません、しかし、私は法廷で保存された会話を供給する用意ができています。

    米国では、遺産価格とまぎらわしい投資家の操作は詐欺と考えられます、そして、損害を受けた党は集団訴訟を通して補償損害賠償を求めることができます。
    シンガポール法がイギリスのシステムに同じように基づくので、彼らも害された党がクラスをつくって、告訴するのを許します。

  2. 今週始め、FCOIN取引所、HuobIの旧CTOによって支持されるシンガポール・ベースの交換、チャン剣の後で、イーサリアム・ネットワークは、停止に妨げられたと、「GPM Tokens」のその新しいシリーズのためのその投票方法は切り出しました「。」、Manyは、Cryptokittiesが昨年以前にしたちょうどその時、その幼少の交換がネットワークにそのような思い切った影響を及ぼすことができたことに驚くようで、1日量の70億usdに迎えられる交換にさえ、さらに驚きました。
    しかし、ボリュームと投票プロセスは、交換の利点に、かなり操作されました。それに関しては一組(この後、FT)またはどんなFT一組でも交換しているfcoin usdtで2、3分を過ごしてください、そして、されることをbottingする激烈なレベルを見ることは明白です。
    「業務」の60億usd以上が単独でFTの上で24時間の間に完了することができるように、5、7、10、15、20の命令は画面の向こうへ飛びます。

    さらに、できるだけ多くのFTを維持する能力を確実にするために、FTの価格は、ロボットで絶えず操られます。
    その時価で、危険を相殺するのに十分な毎日の報酬を得るのに十分なFTを得ることは、不可能です。
    さもなければあまりに多くの新規参入者が現れて、ロボットから供給をして、これは意図的です。
    保有者をあわてさせるために、時々これを価格への下への圧力と結合してください、そして、ロボットはすべてを支配することができます。

    今は、私はこれらの問題について何人かのfcoinスタッフとボランティアに接触しようとしました、そして、彼らは私の告発を拒む試みをしません。
    何人かは、交換が価格操作問題とbottingすることの後にあるために、bottingしている問題と可能性さえ認めました。
    今のところ、私は源を明らかにしません、しかし、私は法廷で保存された会話を供給する用意ができています。

    米国では、遺産価格とまぎらわしい投資家の操作は詐欺と考えられます、そして、損害を受けた党は集団訴訟を通して補償損害賠償を求めることができます。
    シンガポール法がイギリスのシステムに同じように基づくので、彼らも害された党がクラスをつくって、告訴するのを許します。

ということです。

すっごい簡単に言うと…

FCoinのトークンFTの価格はロボットにより操作されている、

FCoinのスタッフとも話をしたがそれを認めるような発言もあった。

ということです。

 

さて、この話がホントなのか、この記事自体がScamなのか…それすらはっきりとは今の所わからないですが、ここ数週間仮想通貨の業界を賑わせているFCoinとその独自トークンであるFT、これらが全部虚構だったら…ちょっとゾッとしますね。

続報を待ちましょう。

お得な情報をリアルタイムで更新中
クリックして今すぐ登録!
爆誕!石油系ICO