登録だけで1000円分のエアドロップが受け取れる!



4/18 更新 SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)ですが、近々上場するようです。テレグラムを見るとこんなメッセージが書かれてました。

SMT will be listed on major cryptocurrency exchanges in the nearest time. We are currently not eligible to disclose any information about possible or future listing of SMT on any exchanges platforms and/or any dates or terms of such event. The announcement of the timing of the listing ahead of schedule may lead to the cancellation of the listing of the currency pair. For example: This is openly stated by the CEO of the Binance exchange: https://www.linkedin.com/pulse/binance-listing-tips-changpeng-zhao

Stay tuned!

訳すると、SMT(SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)のトークン)は間もなく大きな仮想通貨取引所に上場します。しかし、どこの取引所に、いつから上場するのかについて詳しく述べることはできません。

BinanceのCEOはこんなことを言っています(バイナンスのCEOの発言のリンク)

とうことです。

ちなみにリンク先のBinanceのCEOのコメントを見ると、Binanceに上場させるのであれば上場するまでは絶対に情報を漏らさないでください。と書いてあります。

わざわざBinanceのCEOのコメントを引用してくるということは…もしかすると…とおもいませんか?(笑

まだアカウント持ってない方はBinanceのアカウント、作っておいたほうがいいかもしれません。

 

SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)のICOが間もなく始まります。

このICO、他国ではかなり有名だし、ICObench等のICOまとめサイトでの評価もすっごく高いのになぜか日本では話題になってないですよね…

かくいう私も最近まで知らなかったのですが…かなり良さそうなので紹介させていただきます。

SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)とは?

まずSocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)とはどんなものなのか、動画がありましたので御覧ください

全部英語なのでちょっとわかりにくいですが…SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)は

ソーシャルメディア(SNS)で活用していけるようなICO、ブロガーさんやTwitterなどのインフルエンサーさんたちの収益化を効率化していくようなものなのです。

 

現在ブロガーさんたちは広告を使って収益化していますが、実はその収益化には間に業者が入っていたり、送金の手数料だったりと多額の無駄が発生しています。

 

そのムダは収益の35%といわれています。その分がブロガーさんたちに届くのであれば。最大30%のムダを節約できるということです。

余分なお金を使わずに、無事にインフルエンサーのもとにお金が届くのであれば、収益性がよくなりますし、収益性が良くなれば参入者も多くなり、すごいインフルエンサーも出てくるようになるし、そうなればそれを見てる人たちも良質な情報を手に入れることができるようになります。

また、広告主も当然広告費を節約することができるようになります。

インフルエンサーも、広告主も、それを見てる人たちも全員Win-winで行くことができるようになる。

そんな業界を作り上げようとしているのがSocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)のICOなのです。

 

SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)が発行するSocialMediaMarketToken(SMT)を使って報酬のやり取りをしたりします。

SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)が広告代理店の運営をして、今の広告代理店でかかってしまうムダな費用を節約するということですね。

ベータ版ですが、その広告代理店もすでに完成しています

https://beta.socialmedia.market/

ここまでできていると、実際に運用が始まるのもかなり早そうですね。

これだけ実現が可能そう、しかも開発チームのメンバーの評価も高いらしく

TrackICOでは5点満点、ICObenchでも4.4の高評価を得ています。

 

 

SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)のICO、いつから始まるの?詳細について

それではSocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)のICOの詳細について紹介します。

期間 2018/2/9 21:00~3/16

価格 1ETH=2500SMT

最低購入価格 0.1ETH

最大購入価格 300ETH

対応通貨 ETH, BTC, LTC, XRP, BCH, DASH, DOGE, ETC, NEO, XMR, ZEC

ボーナス 1~5日目 15%、6~20日目 10%、21~35日目 5%

もう間もなくです。

海外では超話題のICO、数分で売り切れる可能性もありますので、先に事前登録しておいて少しでも早く行動できるように準備しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)はいつ上場するの?

さて、気になるSocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)の上場の時期ですが…

正確な日時はまだ決まってません。

以前のロードマップでは3月上場予定となっていたのですが、その部分が消えてる…おそらく3月上場はなくなったんだと思います。

しかし、かなり早く上場できるような準備をしているという認識で間違いないと思います。

その時は取引所の名前までは明かしてませんでしたが、大きな取引所に上場予定と書いてましたのである程度は期待していいのかな?と思います。

そしておそらく、上場前にICOBOXで先に取引可能になるのではないかなと思います。

なぜなら…

SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)のHPのここのパートナーのところにICOBOXが入っているからです(笑

ICOBOXは日本でいうCOMSAみたいなICOを取りまとめるところ、ここだとインターナルエクスチェンジ、内部取引が可能になります。

ここで大きく値上がるなら売ってもいいと思いますが・・・私は上場まで待ちます(笑

 

SocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)のICOまとめ

個人的に私はSocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)は買っていいICOではないかと思います。

理由は

・実現が近い(ベータ版までできている

・そんなに大げさなことをしようとしてるわけではないがニーズがある

・どのサイトの評価もかなり高い

というところです。

まとめサイトなどの評価なんかは私もそこまで信頼してませんが、これだけ実現化に近い、そして送金手数料などは明らかに安くなるというところを考えると将来はかなり有望なICOではないかと思います。

よかったらSocialMediaMarket(ソーシャルメディアマーケット)のHPをしっかり見ていただいて、良さそうでしたらまずは事前登録だけでも済ませておきましょう

 

イーサリアムの自動売買ソフトプレゼント!

クリックして今すぐ登録!

登録したら”JOB”と一言メッセージ下さい