昨日から始まったREGAIN(リゲイン)のICO第2ステージですが、まる1日たった現在の状況がコチラ

すでに10%以上売れてしまってますね。

このペースでREGAIN(リゲイン)のICOが進んでいけば、あと7~8日で販売終了になりそうです。

 

ここから少しペースは落ちるとは思いますが、REGAIN(リゲイン)のICO、4/15の第1ステージで購入したトークンへの配当が入るのを確認してから買い増しを検討しようとしていたのに、その前に買い増さないと売り切れてしまいそうです。

 

REGAIN(リゲイン)のICO、なぜこんなに人気?

REGAIN(リゲイン)のICOの魅力はなによりも配当金、他の通貨もステーキングなどで増やすことはできますが、その通貨が増えるというだけです。

しかし、REGAIN(リゲイン)を所有していると、報酬はBTCで支払われます。

REGAIN(リゲイン)のトークンで支払われてもまだ上場してないので取引はできない…その点報酬がBTCで支払われるというのはかなりのメリットですね。

 

REGAIN(リゲイン)のICO、配当が多い、これって詐欺?

REGAIN(リゲイン)の配当ってかなり多いように見えます。

具体的には1REGトークンを持っていると、0.034BTCの配当があります。

現在の1BTC=約75000円で計算すると、0.034BTC=25500円。

約18ヶ月で元が取れる…BTCの価格が上昇すればこの限りではないですよね。

以前の200万超えの相場まで戻れば約6ヶ月で投資資金を取り戻すことができます。

マイニング報酬の60%が支払われるということなので、実際は毎月約0.085BTCマイニングできるという計算。

マイニングファームを実際に持つ知り合いに話したのですが、これくらいの投資でこれくらいの報酬はあり得るということです。

はじめは私もREGAIN(リゲイン)って詐欺?ちょっと怪しくない?と思ってましたが、

これを聞いてちょっと安心しました。

 

REGAIN(リゲイン)の配当はいつからもらえるの?

REGAIN(リゲイン)の配当ですが、12月に開催されたICOのファーストステージ参加の方の初回配当が4月15日、それ移行は月末に持っているREGトークンの量に応じて、翌月15日に支払われます。

今回開催されているICOの第2ステージで購入した方は8月15日から報酬が支払われるようになっています。

その後は毎月配当されるので少しづつビットコインが増えていくのが楽しみですね。

 

REGAIN(リゲイン)のICO第2ステージはいつまで?

REGAIN(リゲイン)のICO、第2ステージは4/1の17時から始まって、5月15日の17時に、もしくは10000REGトークンを販売次第終了します。

今のペースだと、まず5月まではいかないと思います。4月15日の第1回配当までも…おそらく持たないでしょうね。

終了間際は販売ペースも上がるので、早ければ4月10日前後にREGAIN(リゲイン)のICOの第2ステージ終了の可能性もあると思います。

 

私もそうですが、新規購入や買い増しを検討されている方、はコチラのページからあとどれだけ残っているかが確認できますので、売り切れ前に決断しましょうね^^

 

お得な情報をリアルタイムで更新中
クリックして今すぐ登録!
爆誕!石油系ICO