登録だけで1000円分のエアドロップが受け取れる!



REGAIN(リゲイン)、12月22日からICOが開始されて順調に売上も伸びているようです。

本日マイページにログインして成果の状況を見ると…

5000REGで終わるところ、約4000REGまで到達していました。

約8割売れたということになります。

REGAIN(リゲイン)のICOは5000REGに到達してから24時間…とかではなく到達した瞬間に終了してしまうので、注意が必要です。

上の調達額も時間差で反映されているので、間違いなく購入できるのは明日か明後日までではないかと思います。

REGAIN(リゲイン)のICOの期間が本来は12月22日~2月1日までだったのに対して10日くらいで売り切れるというのはすごいと思います。

それだけちゃんとみんなにREGAIN(リゲイン)の良さが伝わったということなんでしょうね。

REGAIN(リゲイン)の一番いいところはクラウドマイニングとICOのいいとこ取りだったということでしょう。

 

 

REGAIN(リゲイン)の最大の特徴

このサイトでも何度も書いたような気がしますが、リゲインの最大の特徴はマイニング報酬が入るというところ。

REGAIN(リゲイン)のプロジェクトが

”マイニングを企業のものからみんなのものに取り戻す”

という理念の元に進められています。

ICOで資金を調達、その資金を使ってマイニング用のコンピュータの開発、管理を行い、上がった利益はREGAINのREGトークンの所有者に還元されるという仕組みです。

REGトークンを持ってるうちは毎月報酬は入り続けますので、持ってる方が長期的には得になりますし、保持したいと思う人が多ければ需要が上がり、上場後の通貨としての価値も上がります。

通貨の価値があがるのであれば、売買しての利益も考えることができるし、そのままマイニング報酬を得続けるというスタンスでもOKです。

要はクラウドマイニングと従来のICOのいいところ取りしたのがREGAIN(リゲイン)のICOだということです。

 

REGAIN(リゲイン)は買ったほうがいいのか?

 

今はICOのステージ1なのでここで売り切れたからといって買うチャンスが永遠に失われるわけではありません。

しかし、ステージ2はステージ1よりも値段は上がりますし、(1REG=4400$)マイニング報酬がもらえるのも随分と先になります。

ホントにマイニング報酬がもらえるか不安という気持ちも正直わからなくはないんです。

でもここで信じることが出来た人が一番得をすることができます。

いろんな成功者を見てきましたが、ここで決断できる人というのは成功できる確率がとても高いように感じます。

誰も踏み込んだことのないものには当然リスクもつきまといますし、心配するのも当然だと思います。

でもここで踏みとどまって何も行動しないのはそこから一歩も踏み出してないのと同じです。

これは投資なので失敗する可能性だってもちろんあります。

私もREGAIN(リゲイン)は購入しましたが、全ての資産をつぎ込んだわけではないです。

他のICOにも多数参加してますし、草コインを含めいろんな通貨も持っています。

リスクと上手く付き合いながら資産を増やしていくのが理想の形だと思います。

そして投資する先としてREGAIN(リゲイン)はかなり私の中では注目度が高いです。

もう時間はあまりないです。どっちか決断出来てない方はホワイトペーパーなどを見返しながらどうするか、もう一度考えてみましょう。

 

アービトラージツール、無料プレゼント!

登録したら”JOB”と一言メッセージ下さい

クリックして今すぐ登録!