先程PRAYCASH(プレイキャッシュ)のホームページを見てみたら…

この画面が出てました。

(ちなみにURLはhttp://praycash.com/です)。

いまみると、http://praycash.esolutions.asia/こちらのほうも消されてしまってますね~

 

この表示はメンテナンス中のときなどにはなりにくく、おそらくですが、意図的にサイトごと消しているとおもわれます。

 

PRAYCASH(プレイキャッシュ)って詐欺なの?

PRAYCASH(プレイキャッシュ)をICOで購入した人は今かなり不安だろうと思います。

果たしてPRAYCASH(プレイキャッシュ)は詐欺ICOで、逃げる意味でサイトを消してしまったのでしょうか?

これについては今のところ決断を下すのは総計なのですが、いまわかっている事実をみていきましょう。

 

PRAYCASH(プレイキャッシュ)とMINDOLの関係

MINDOLという通貨をご存知でしょうか?

TOB(公開買付)をすると言って集客し、結局TOBは中止になり、今大荒れになっている通貨ですが、PRAYCASH(プレイキャッシュ)はこのMINDOLと少なからず繋がりがあると思われます。

 

まずはこれ、まだ残っていたサイトのキャッシュから拾ったのですが

プレイキャッシュの運営責任者の石塚孝一さん、MINDOLの方では

顧問を務めています。

 

さらにちょっと変則的な共通点ですが…

 

 

PRAYCASH(プレイキャッシュ)に関わってたミサワホーム創業者、三澤千代治さんが何故かMINDOLのインフルエンサーとして合格していました。他の方たちを見てもちょっと場違い感がスゴイ…

これらのことから全く繋がりがないとは考えにくいです。

(ちなみにもうひとり、MINDOLの広報部長も藤原忠臣という名前で出てますね)

 

PRAYCASH(プレイキャッシュ)の心配点

他にもPRAYCASH(プレイキャッシュ)にはちょっと不安な点があります。

上記の会社概要を見てみると、

  • 運営者:プレイキャッシュ株式会社
  •  運営責任者:石塚 孝一
  •  所在地:東京都千代田区内幸町1−1−1帝国ホテルタワー16階

とあります。

この住所ですが、調べてみると帝国ホテルタワーの16階は

となっていて、プレイキャッシュ株式会社という名前の会社は存在しないようです。

私は東京から遠いところにいるので、これが今現在の情報かは不明です。

ですので確証はないですが…ちょっと微妙です。

ただ、MINDOL株式会社の元の会社名はアヴァンティインターナショナル、それは帝国ホテルタワーの16Fに存在します。

本当に偶然の可能性もなくはないのかもしれませんが、普通に考えるならMINDOLの運営がPRAYCASH(プレイキャッシュ)も運営していたと考えるのが自然かとは思います。

 

 

さらに以前のサイトのキャッシュを調べるとこのような住所が…

こちらの住所は…

こんな建物です。こちらも現在PRAYCASH(プレイキャッシュ)が現在入っているかは不明です。

ちなみにここにはPRAYCASH(プレイキャッシュ)の電話番号も書いてあります。

03-5362-3771 でしたが…現在使われておりませんでした…

 

上記のことから推察すると、PRAYCASH(プレイキャッシュ)、今のところは詐欺コインの可能性がかなり高くなってしまいました。

近々サイトの復活、運営からの報告があるといいですが…なにかありましたらまたここで、もしくはメルマガなどでお知らせしますので、よろしければ登録しておいて下さい。

 

クリックして今すぐ登録!

登録したら”JOB”と一言メッセージ下さい