登録だけで1000円分のエアドロップが受け取れる!



OtppayのICOが開催されています。現在はプレセール中、かなり安く購入できます。

しかし・・・なんて読むんでしょう?オッペイ?オッ◯イ?

名前はちょっとおもしろいですが、実はOtppayのICOはICObenchでも4.5の評価のかなり高いICOなのです。

OtppayはOmni Token Platform for Payments.の略、直訳すると支払い用オムニトークンのプラットフォームという意味合いです。

よくわからないのでOTPPAYについて説明している動画を見てみましょう。

 

動画内見てやっと読み方がわかりました。

OTPPAYの読み方は”オーティーピーペイ”ですね(笑

スマホのアプリを使って簡単に支払いをする様子が動画になっています。

簡単に支払いを行うためのものというのはこれでわかりますね。

しかし、こんな支払いを行うための通貨なんて今や腐るほどあります。ではOTPPAYは他の通貨とどんな違いがあるのでしょうか?

 

 

OTPPAYの特徴

ではICO開催中のOTPPAYの特徴を見ていきましょう。

OTPPAYの特徴その1 売買

OTPPAYのアプリを通してBTCやETHの売買が簡単に行なえます。

仮想通貨の取引所の役目のようなものですね

OTPPAYの特徴その2 交換

ホワイトペーパーを直訳すると”交換”となるのでそのまま書いてますが、仮想通貨とフィアット通貨(現金)との交換も行えます。

今現在国内の仮想通貨取引所では対応している機能ですね。

日本円に対応するようになるかは…まだわかりません

 

OTPPAYの特徴その3 送受信

OTTPAYのアプリでは簡単に仮想通貨の送受信ができます。

上の動画でもスマホを通して簡単に仮想通貨のやり取りをしていますね。

上の交換機能と組み合わせて、ビットコインで支払われた通貨をイーサリアムに変換して受け取るという機能も付く予定です。

 

OTPPAYの特徴その4 デビットカード

OTTPAYを使用している人にはデビットカードが配布されます。

独自のシステムで構築され、普通のデビットカードしても使えますし、いろんな国で、いろんな国の通貨にして現金で引き出すということも容易にできるようになります。

 

 

OTPPAYの特徴その5 QRコードやNFCでの支払い

QRコードやNFC(近距離無線通信)での支払いが簡単にできます。

NFCとはお財布携帯のような機能のこと。

お店での支払いなどが凄く簡単にできるようになります。

 

OTPPAYの特徴その6 レンディング

OTTPAYを通してキャッシングができます。

お金が余ってるユーザーはレンディングに登録して、通貨を貸し付け、利息をもらうことができますし、お店など一時的にお金を借りたい人はお金を借りることができます。

 

これらの機能が全てつくのがOTPPAYなのです。

簡単にまとめると

 

・ZaifやbitFlyerなどの仮想通貨取引所

・デビットカードやおサイフケータイのような機能で簡単な支払い

・OTTPAYのユーザーどうして簡単なお金のやり取り

・キャッシング(貸す方も借りる方も)

 

これらのことが簡単にできるようになるというのがOTPPAYです。

 

こちらがOTPPAYのロードマップ、OTPPAYのアプリは2018年のQ2~Q3(4月~9月)の間にベータ版がリリースされることになってますね。

銀行としての登録がQ3~Q4(7月~12月)となっているのでいろんな機能が使えるのはこの時期からかな?と思います。

それまでは取引所としての機能だけ使える・・・とかそんな感じになると思います。

 

 

 

OTTPAYのICOはいつからなの?価格やボーナスは?

OTTPAYのICOは絶賛開催中です。

今はプライベートセール中で3月5日まで行われます。

プライベートセール中の価格は(OTTPAYのトークン=OTPです)

1ETH=26666OTPでこれに100%分のボーナスが付きますので実質

1ETH=53332OTPになります。

わかりやすく1ETH=10万円で計算するとプレセール時の価格は1OTP=1.87円ですね。

ちなみに最少購入価格はありませんので少しだけ買ってみようかな?というのもありです。

 

3月5日からはプレICOです。

3/5~4/3までがプレICOの期間。

この時期は1ETH=16000OTP、ボーナスは20%になるので実質

1ETH=19200OTPです

上と同じように1ETH=10万円で計算するとプレICOの価格は1OTP=6.25円です。

そこそこ値上がりしますね汗

 

4/4からはICOのステージ1

この時期は1ETH=8000OTPでボーナスは15%で実質

1ETH=9200OTP

1ETH=10万円で計算すると10.86円ですね。

 

5/4からOTTPAYのICOの最終ステージ

6/2まで行われ、この時期は1ETH=8000OTPでボーナスは10%で実質

1ETH=8800OTP

1ETH=10万円で計算すると11.36円です。

 

資金をできるだけ温存したい方はICO終了間際に購入したいと思うかもしれませんが、

今購入すれば 1OTP=1.87円、最後のステージで購入すれば1OTP=11.36円と約6倍の差があります。

数ヶ月期間があるので1ETHの価格も変動するので実際はもっと差が少ないかもしれませんが、今が一番安い確率はかなり高いと思います。

 

OTTPAYのICOに参加する方法

では最後にOTTPAYの参加方法を紹介していきます。

こちらのボタンを押すとこのような画面がでてきますので

必要事項を入力していきます。最後にSIGN UPを押すと

 

こんな画面が出れば登録成功です。次に登録したメールアドレスを見ると

このようなメールが届いてると思いますので、URLをクリックします。

こんな画面が出れば認証も完了です。

メールアドレスとパスワードでログインできます。

ログイン後は支払い方法の設定です。一番上はマイイーサウォレットのアドレスを入力して下さい(取引所のアドレスは非対応です。)

その下のSTEP1のところは通貨計算機です。

購入予定のETHの数量を入力するともらえるOTPの数量がわかります。

STEP1のところで購入量を決めたらにSTEP2のところにETHを送金します。

このときに必ず上に入力したアドレスのウォレットから送金して下さい。

購入方法の動画がありましたので、参考にしていただければと思います

 

OTTPAYの上場はいつ?どの取引所?

OTTPAYの上場についてはまだ詳細情報はありませんでした。

しかし、OTTPAYのアプリ内で現金との好感ができるということなので、そもそも上場の必要もないのかなと思います。

ただ、おそらくICO終了後はどこかの取引所には上場していくでしょうね。

またOTTPAYのアプリが実際に出れば需要は当然上がっていくものと思います。

 

最後に OTTPAYは買いなのか?

今回ホワイトペーパーなどを見ながら検証していきましたが、個人的にはOTPPAYはかなり有望だと思いました。

OTTPAYの全ての機能が使えるようになるまでは少し時間がかかりそうな気もしますが(特にレンディングの機能等)

取引所の部分や支払い機能のところは早めに実装されそうに感じました。

ICOとプライベートセールの価格差が約6倍あるので、3/5までの時期なら”買い”、それ以降の時期については…今後の追加情報に期待という感じです。

とりあえず私は1ETH分購入して様子を見ようと思います。

 

 

イーサリアムの自動売買ソフトプレゼント!

クリックして今すぐ登録!

登録したら”JOB”と一言メッセージ下さい