CrossExchange AMAの和訳その2
 NE@読者さん募集中!
”仮想通信-極”では仮想通貨の最新情報、超有益情報を日々配信しています! たまーに突然仮想通貨のプレゼント企画もあるかも!? 良かったら登録してくださいね^^

本日クロスエクスチェンジのAMA第2段がアップされました。

記事はこちらです

こちらでは和訳を掲載しておきます。

 

本セッションでは、XCRとXEXの価格、今後の戦略、よくあるFAQなどを取り上げます。

Q: 現在の進捗状況とロードマップの再構築をしていない理由を教えてください。ユーザー数を増やそうとしているのか?今後、取引所としてどうするのか?以前のように取引所として機能しなくなったことをどうするつもりですか?

A:最新の進捗状況と今後の予定はこちらをご覧ください。
https://cross.technology/en/news20201226.html.

市場環境の変化に伴い、各取引所のビジネスモデルも大きく変化しています。刻々と変化する市場の需要に対応して、必要なサービスを提供し続ける必要があります。

クリプトカレンシー業界は、トレンドがあっという間に陳腐化するスピードの速い業界であるため、取引所のロードマップが公表されることはほとんどありません。また、現在開発中のものを、その時の市場環境を考慮して中止することもあります。このように、市場環境の変化によって新サービスの開発が見直されることもあるので、その代わりにCROSS exchangeでは、特徴的なサービスをどこに持っていくのかという方向性を扱っているので、ロードマップに縛られすぎないようにしています。

Binanceのような大手企業がICO後にロードマップを発表したことはないと思います。もちろん社内での計画はありますが、市場のトレンドの変化で変わることが多いので公開できないというのが各社の本音だと思います。

ただ、できるだけ多くの情報を発信していくべきだと思います。それについては、他の質疑応答で触れていきたいと思います。

CROSS取引所の方向性としては、CROSSホワイトペーパーに記載されているように、部分分散型の分散型金融サービスをグローバルに展開し、そのトークンの効用価値を高めていくということになります。

 

Q:XCR価格の改善策について

A: XCRは現在未上場ですが、徐々に価格が上昇した結果、当初のトークン価格の約4倍の価値にまで上昇しています。

上場までの過程で、引き続き価格の上昇と流動性の確保を図っていきたいと考えています。

上場後のトークンの流通方法については、売り圧力が強まらないようにアレンジし、ダイナミックな流動性でロックアップ率を高めていく方針を打ち出していきます。

CROSSプロジェクトとCROSS取引所の親和性を高めるためにCROSS取引所をリニューアルし、現在のCROSSプロジェクトのXCRの価値がユーザーに満たされるようになった時点で取引板に上場する予定です。

上場後の最初からプラットフォーム内で重要な役割を果たすことになるトークンです。 ユーザーはXCRを所有してステークすることでXCR自体で利益を得ることができる一方で、貸出などの流通収益の恩恵を受けることができます。

XCRを所有してプラットフォーム内で資金を運用すること自体が大きな価値につながり、ひいては需要の増加につながる。リニューアルが明確になってからの方がイメージしやすいのではないでしょうか。今後の発表にご期待ください。

また、上場後の即売圧力を心配されている方もいらっしゃいます。どのプロジェクトも初公開時にはそれなりの売上げがあると思いますが、XCRの仕組みには自信がありますし、所有権やその後のマーケティングのメリットを考えれば自然と価値は上がっていくと思います。

もちろん、一時的なボラティリティが怖いという方にはHODLへのユーザーをお勧めしています。XCRは、リニューアルされたプラットフォームの中で、資産運用に大きな効用を発揮するトークンになるでしょう。

XCRチェーンを利用した開発は、ホワイトペーパーに沿って行われ、最終的には自律分散型ウォレットとなるXwalletの基本設計と基本開発が行われます。 CROSSが実際の運用先として機能するトークン自動発行機能の開発が完了しています。既にパートナー企業であるRMT KOREAに納入済みであり、暗号資産を利用した決済に利用されています。今後、ウォレット利用者を増やすために、提携パートナー企業からの利用実績を蓄積していきます。

CROSS(XCR)では、他のプロジェクトではなかなか実現できなかったトークン利用の実需を創出すると同時に、市場の動向に沿ったプロモーションを行い、投資需要を創出していきたいと考えています。

ADAと同様に、日本人が誇れるクリプト資産プロジェクトとして、XCRの成功にご支援、ご期待ください。

 

Q: XEXの価格と目標価格の対策について教えてください。

A: 現在、XEXの新規発行は停止しており、様々な方法で回収やバーンを進めています。循環供給を減らし、更新後のXEX保有者の需要を増やすことで価格に影響を与えることを目指しています。

現在のプライスは伸び悩んでいますが、もちろんmoonを目指しています。しかし、トークン価格は需給力学で決まることは皆さんご存知の通りで、特定の目標価格をコミットすることはできません。意識的な価格を作ることは、市場形成の障害になります。

元々、XEXは保有することで所得分配を生み出すトークンであり、新たな収益モデルを実施することで生まれ変われば、トークンの価値は自然と上がっていくと強く確信しています。

CROSSプロジェクトは、XEXの価格に見切りをつけることは決してありませんし、今後も非常にポジティブな未来を見ています。

 

Q: XEXをバーンしてしまったユーザーへの分配金や利益を増やすための施策について

A: 直接の経験から、ファンドの資産を短期的な価格上昇のための買い戻しに使うのは有効ではないと理解しているので、リニューアル後は、長期的に保有者に還元するために、まずは様々な形で運用し、利益を出していきたいと考えています。

今後は、クリプトカレンシーのステイクやグローバルなフローティング需要に投資し、注力していきます。

ユーザーへの利益還元については、保有・燃やした金額やVIPユーザーのステータスなど、ユーザーごとに状況が異なりますので、近日中に触れていきたいと思います。

 

Q: 販売手数料を廃止してもらえますか?

もともとはユーザーアンケートがきっかけでしたが、現在は売りは3%の手数料が発生しますが、買いは約定時に3%の手数料が発生します。これはXEXの買い手にメリットがあり、注文のキャンセルは更なるXEXの回収につながっています。XEXの販売手数料を撤廃することで、XEXの価格や流動性が改善されるとは考えていません。現在のところ、この3%の販売手数料を変更する予定はありません。

 

Q:またゼクスを買い増ししたいのですが、今が良いタイミングでしょうか?期待しています! 今年もゼクスの買い増しを始めるべきかどうか、ご意見をお聞かせください。回答を心待ちにしています。

客観的に見ても、リニューアルに向けてこの値下げ価格で購入できるのは、すでにお得だと思います。

 

以上です。

ありがとうございました