昨日中止になったと話題になったSegWit2Xですが、本日色々調べてみると、強行しようとしてるグループもいるみたいで…こんな声明が出てます

 

We have decided to continue with the fork as planned.
We will not allow the destiny of Bitcoin to be controlled by 6 individuals.

Same date – November 15th.

訳すると…

”私たちはフォークの計画を続けることを決めました。私たちは6人がビットコインの運命を操ることを許しません。日付は11月15日です”

となっていますね。

これに対して

 

上記声明の中にある6人の一人、ジハン・ウー氏は

”このサイトを作ったのはだれ?ソフトのコード持ってるの?数十億年頑張ればできるかもしれないけどね(笑”

という感じのちょっと馬鹿にしたような返答を出しています。

 

このことから考えると、おそらくこのSegWit2X強行は虚言の可能性が高いと想像されます。

そうなると前回の記事に書いたとおり、このままビットコインの値段は上がっていくのかな?と想像しています。

 

ただ、今回のSegWit2Xは中止ではなく延期であるということです。

11月には流石になりと思いますが、SegWit2Xが起こる可能性は充分にあります。

 

何が起こってもおかしくない状況であるのは事実、これからも最新情報を常に収集しながらリスク管理はしていきたいと思います。

 

管理人オススメ記事

仮想通貨情報メルマガ 仮想通貨イベントカレンダーを貰おう 登録だけで5$分のエアドロップ マイニング+ICO