あけましておめでとうございます!

今年はきっともっともっと仮想通貨は世間に認知されていくと思います。

それが良い結果になるのか、悪い結果をもたらすのかはわかりませんが、大きな変化があるのは間違いないです。

時代に取り残されないようにしっかり情報収集して、的確な判断をしながら進んでいきましょうね。

 

REGAIN(リゲイン)のICOの第1ステージが約90%に差し掛かり、もう残り少なくなってきました。

この表では残り30日、2月1日までとなっていますが、そこまで到達しなくても5000REG販売完了すればREGAIN(リゲイン)のICO、ステージ1は終了。次は値段も1割ほどアップして4月から第2ステージの開始まで待たなければ行けません。

REGAIN(リゲイン)のメリットについてはこのサイトでは何度も記事にしているのであまり多くは語りませんが、マイニング+ICOのダブルで稼ぐ入り口があるということです。

通常のICOではマイニング報酬が入ってくるものってあまりありませんよね?

まったくないとは言いませんが、報酬をもらうには一定量以上(例えば10000USD分以上)のトークンを取得する必要があったり、あまりマイニング報酬が多くなかったりします。

しかし、このREGAIN(リゲイン)は約半年で原価率が100%を超えます。

ICO中に払った料金が取り戻せる。これはとてもメリットとしては大きいと思います。

結局私もギリギリになって(GA◯KTの分の予算を少し削って)少し買い益ししてしまいました。

4月15日がはじめての報酬支払日で、この日にちゃんと報酬が入るのかが焦点になってきますが…ここで買わない判断をした人を後悔させることになるだろうと思います。

 

 

REGAIN(リゲイン)のICOの今後の流れ

REGAIN(リゲイン)のICO、第1ステージ終了後はどのようになるのでしょうか?

REGAIN(リゲイン)のICOは全部で4段階あります。

第2ステージが 4月1日から、1REG=4400USDで10000REGに達するまで行われます。

第3ステージが 7月1日から、1REG=5200USDで15000REGに達するまで行われます。

最後の第4ステージが 10月1日から、1REG=4000USDで35000REGに達するまで行われます。

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、第4ステージのときのREGAINの価格、第1ステージと同じところまで下がるのです。

じゃぁそのときに買えばいい…と思うかもしれませんが、そこは上手く作っていて

10/1~10/15は第1ステージでREGトークンを購入した人だけに開放

10/15~10/22は第2ステージでREGトークンを購入した人だけに開放

10/22~11/1は第3ステージでREGトークンを購入した人だけに開放

余ったトークンをこれまで購入してない人も購入できるようになるのです。

第1ステージ~第3ステージの間、ちゃんとマイニング報酬が支払われていたら…

一般開放前に全て売り切れてしまう可能性も充分にあります。

ですので、ここで全く購入してないと、第4ステージでREGAINのICOには参加できない可能性もあるのです。

様子を見て購入しようかな?と思ってる人は、様子を見てる間に購入するチャンスを全てのがしてしまうかもしれないのです。

そう考えると一番安いこのステージでまずは購入しておくのが得策ですね。

最後は自己判断ですが…もうホントに時間はありません。

気になっている方はとりあえず少しだけでも購入しておくことをオススメします^^

 

管理人オススメ記事

仮想通貨情報メルマガ 仮想通貨イベントカレンダーを貰おう 登録だけで5$分のエアドロップ マイニング+ICO