表題の通りなのですが、JPモルガン・チェースがビットコインの取扱を検討してるらしいですね…

てかJPモルガンといえば、ちょっと前に

 

”ビットコインなんて詐欺だね”

”そんなの買うような社員はクビだ”

 

などと散々ディスってたような気がするのですが…手のひらを返したようなこの反応。

一体なにがあったのでしょうね?

 

JPモルガンの発言後のビットコインの値段の推移

JPモルガンのCEO、ジェイミー・ダイモンが上記の発言をしてから、一時期ビットコインについて悲観視され、9月に一度45万円を割り込むような展開もありました(今考えれば絶好の買い場だったんですが)

しかし、間もなくビットコインは勢いを取り戻し、あっという間に倍額の90万を突破。

どっかの有名な金融機関が来年4月にはビットコインは150万になると情報修正をしていましたが(ごめんなさい、ソースを探しきれませんでした)ここまでの上がり方を見るとそれ以上いってもおかしくないような上がり方ですよね。

150万といえば、数日前はジンバブエではビットコインの価格が150万まで実際に上がったそうですね。

まぁジンバブエは大統領が辞任したり元々自国の通貨が極端に不安定だったりしているので仕方ないかなと思うのですが…アービトラージできないのかな?とかちょっと調べたんですが、向こうの通帳がいるとかで全然無理でしたorz

あぁ、すみません。話がそれました。

 

実際にJPモルガンはビットコイン先物を取扱うのか?

これは私の推測ですが、取り扱うようになると思います。

少なくともビットコインダイヤモンドとかビットコインプラチナよりは確率高いと思ってます。

JPモルガンの社長のジュイミー・ダイモンさんも自分の発言からのビットコインの動きを見て、少々考え方も変わったのではないかと思います。

そもそもCMEグループがビットコイン先物を取り扱うのに便乗するような形ですよね?

それによって取引高が格段に上がるとなれば取り扱わない理由がありません。

 

当然多少の前後は常にありますし、いつかは崩れると思っていますが

まだしばらくはビットコインバブルは続きそうですね。

 

管理人オススメ記事

仮想通貨情報メルマガ 仮想通貨イベントカレンダーを貰おう 登録だけで5$分のエアドロップ マイニング+ICO